東京フイルム・メートってどんな会社?

フィルム フィルム⇒ビデオテープ⇒デジタルデバイス⇒たとえ“道具”が変わっても、ずっと変わらないものがあります。それは…
フィルム⇒ビデオテープ⇒デジタルデバイス⇒たとえ“道具”が変わっても、ずっと変わらないものがあります。それは…
私たち東京フイルム・メートの歴史は、スポーツの中に生まれる感動を真摯に追い続ける若手スポーツカメラマン8名、 制作編集マン1名が、1972年(ミュンヘン・オリンピックの年)、意欲に燃えて「職人の会社」を設立したことに始まります。 以後、各テレビ局のスポーツニュースや中継番組などに携わりながら、4年後の1976年には、フジテレビが制作するスポーツ番組の撮影・編集までを一手に引き受けるようになりました。 折しもテレビでのニュース収録はフィルムの時代からビデオの時代に変わる激動期。 私たちはその潮流に乗りながら、ENGカメラによる現場取材や編集中継車によるプロ野球やゴルフ中継の現場収録、さらにスポーツニュースや中継の編集・送出業務など、スポーツを中心とした多岐にわたる映像制作業務を一貫して行うようになり急成長を遂げました。 ‘90年代年後半には、収録から加工(ポストプロダクション)まで、制作工程のすべてをアウトソーシングなしで行えるよう、自社内に編集・MAルームを完成させました。これによってDVDなど映像コンテンツのパッケージ制作においても内部に貴重な制作ノウハウを蓄積することが可能になり、信頼できる老舗のスポーツ系・制作プロダクションとして高い評価をいただけるようになったのです。 2015年、私たちは長年のパートナーであった(株)フジテレビジョンの完全子会社として、新たなスタートをきりました。 これを機に、将来に向けた事業分野へも大胆に挑戦していきます。 しかし、45年を経ても決して変わることのないスピリットがあります。 徹底した現場主義、そして“匠の技”にこだわる社風がそれです。 フィルムの良き時代のDNAを受け継ぐ“映像職人”たち。彼らは決して派手でも饒舌でもありませんが、それぞれがスポーツを愛し、テレビを愛し、映像文化の担い手としての矜持を胸に、今日も黙々と仕事に取り組んでいるのです。
フィルム

東京フイルム・メートはこんな仕事をしています。

カメラマン スポーツの中に生まれる人間ドラマ。その興奮と感動をリアルな映像を通じて斬り撮る!
スポーツの中に生まれる人間ドラマ。その興奮と感動をリアルな映像を通じて斬り撮る!
当社は、長年にわたってフジテレビの地上波、BS、CS各チャンネルやTBSテレビで放送されているスポーツ番組を中心に、映像収録、編集加工、番組制作分野で大きな役割を担ってきました。 また、徹底した現場主義の中で培われた撮影、編集、番組制作のノウハウを駆使して、スポーツ系やテレビメディア以外の映像コンテンツ制作にも意欲的に取り組んでいます。
  • スポーツ分野を中心とした番組の撮影、編集、企画制作
  • スポーツ中継のプログラム制作、技術協力(編集車による中継インサート、マラソン・駅伝等のバイクカメラやドローン空撮など)
  • DVD等のパッケージ制作
  • コンサートやイベントの撮影、編集、技術協力
  • アナウンサー・解説者や映像制作スペシャリストのマネジメント
カメラマン

制作実績

ޥ

フジテレビ地上波

  • 『S-PARK』
  • 『FNNプライムニュースα』
  • 『PARA☆DO!』
  • 『スポーツLIFE HERO’S』(2017~2018)
  • 『THE NEWS α』(2017~2018)
  • 『ユアタイム』(2016~2017)
  • 『すぽると!』(2001~2016)

フジテレビBS/CS

  • 『オールスター家族対抗歌合戦』
  • 『リトルリーグ全日本選手権大会 僕たちのリトルリーグ』
  • 『CSプロ野球ニュース』
  • 『F1グランプリ』
  • 『bjリーグTV』(2006~2016)

TBS

  • 『Nスタ』
  • 『NEWS23』
  • 『S☆1』
  • 『VISA太平洋プロアマゴルフ』(1993~2015)

スポナビ

  • B.LEAGUE 公式映像

WOWOW

  • テニスグランドスラム4大大会
  • ATPツアー

その他

  • 千葉ロッテマリーンズ・ホームゲーム中継
  • 『HAPPY MONDAY BASEBALL』
  • 中学生「東京駅伝」大会
  • オリンピック・パラリンピック、W杯サッカー他、各種目 国際大会

DVDパッケージ

  • 『東京ヤクルトスワローズ・リーグ優勝DVD』

ー他多数

カメラマン

保有機材・設備

〈撮影機材〉
Camera

【SONY】PDW-740 PDW-700 PDW-850 PXW-FS7 HD-CAM650、730 HDC-1500T(マラソン中継用)

【PANASONIC】AJ-PX5000

収録器

【SONY】PDW-HR1 PDW-HD1500

【パナソニック】AJ-PD500 AD-PG50

Lens

【FUJINON】XA88×12.5 HA42×13.5 HA25×16.5 HA22×7.8 HA13×4.5 HA23×7.6

【CANON】J40×14 HJ11×4.7

〈編集車〉※スポーツ番組生中継のハイライト作成・送出。主にゴルフ中継、プロ野球中継に使用しています。
搭載機材

【SONY】HDW-M2000 S2000 XDS-PD2000

【EVS】LSM/XT[2]

【さくら映機】PRUNUS/NCexp(ノンリニア編集機)

編集車
機材
〈青山スタジオ〉
ノンリニア オンライン編集機

【Autodesk】Smoke-HD

(オンライン編集およびフィニッシングのためのオールインワンソリューションに対応)

【Apple】Final Cut-HD

【Adobe】Premiere Pro CC

【さくら映機】PRUNUS/NCexp

リニアオンライン 編集機

Editor【SONY】BVE-9100

Switcher【朋栄】HVS-3800HS

Mixer【Graham-Patten】D/ESAM230

Character Generator【AVID】Deko1000 HD

VTR【SONY】HDW-M2000 HDW-S2000 XDS-PD2000 XDS-PD1000
MA

Console【YAMAHA】O2R96

DAW【AVID】ProTools HD ProTools HD Native

Work Video【AVID】Media Composer

MONITOR SPEAKER【GENELEC】8050A

沿革

1972年(昭和47年)
6月
港区赤坂に『株式会社東京フイルム・メート』設立
1974年(昭和49年)
7月
港区六本木に事務所移転
1976年(昭和51年)
4月
フジテレビ『プロ野球ニュース』制作協力開始
1978年(昭和53年)
4月
TBS『スポーツデスク』撮影協力開始
1980年(昭和55年)
7月
港区北青山に事務所移転
1987年(昭和62年)
10月
フジテレビ 『F1中継』制作協力開始
1989年(平成元年)
10月
TBS『NEWS23』撮影協力開始
1997年(平成9年)
6月
オフィス改装、編集室・MA室を新設
1998年(平成10年)
2月
長野オリンピック開幕 フジテレビ、TBSに撮影・編集協力
1998年(平成10年)
4月
フジテレビ『CS プロ野球ニュース』『CS F-1』制作協力開始
2001年(平成13年)
4月
フジテレビ 『すぽると!』 制作協力開始
2004年(平成16年)
8月
WOWOW『全米オープンテニス中継』制作協力(これより『テニス4大大会中継』制作協力開始)
2006年(平成18年)
11月
BSフジ『bjリーグ中継』制作協力開始
2007年(平成19年)
2月
『東京マラソン中継』撮影協力開始
2008年(平成20年)
3月
『千葉ロッテマリーンズ戦』専属中継制作開始
2010年(平成22年)
3月
TBS『Nスタ』撮影協力開始
2015年(平成27年)
6月
株式会社フジテレビジョンの100%完全子会社へ
2016年(平成28年)
9月
B.LEAGUE 公式映像制作 開始
2017年(平成29年)
4月
マネジメント業務 開始
東京フイルム・メートの歴史写真

東京フイルム・メートで働くということ

東京フイルム・メートツアーのプロダクトを裏で支える「人」について、 社員の声を含め、
さまざまな視点からご紹介します。
編集部 星 裕太

編集部   

星 裕太

2010年入社

仕事面だけでなく人として成長させてくれる、そんな職場です

2010年入社、編集部 星 裕太です。 フジテレビ内の編集室で地上波、BSやCSのスポーツニュース・中継ハイライト等を主に編集しています。 それぞれのスポーツの本質を理解し、「迫力・躍動感・感動」をいかに視聴者に伝えるか、答えがないからこそ自分の感性がとても重要な仕事です。 もともと編集の学校に通っていたわけでもなく、テレビを良く観ていたわけでもなく、前職は営業で、ただスポーツが好きなだけの理由で入社しました……。 が! 毎日楽しく働いています!! スキルは入社してから一から学べば全く問題なし!!! 小さい頃から憧れだったマイケルジョーダンと田臥選手の対談企画を編集させて頂いた時はとてつもないやりがいを感じました! 国内をはじめ海外の出張などもたくさん行かせて頂き、仕事面だけでなく人として成長させてくれる、そんな職場です、メート最高!
第一撮影部 猪瀬 真弘

第一撮影部   

猪瀬 真弘

2008年入社

撮影部の魅力は何といっても『現場』!

2008年入社、第一撮影部 猪瀬真弘です。 私はスポーツが好きで、尚且つスポーツカメラマンに憧れてこの会社、
東京フイルム・メートを選びました。 撮影部の魅力は何といっても『現場』! 間近で、目の前でスポーツの熱を感じられるところです。 さまざまなスポーツの現場に行くことができ、毎回小さな事ですが、同じ現場でも天気が違えば、会う人も変わり、撮る人(物)も変わり、自分にとってはそれだけでも良い刺激となり、エネルギーをもらって生きております。 海外出張、国内出張も多々あり、特に私はサッカーが好きなので、2014年のブラジルW杯に行ったのが1番の思い出です。 この時は、事前合宿でアメリカ・アリゾナ、そこからブラジル入りしたので、約1ヶ月間。 これほど長い海外出張は初めてでした。 ブラジル国内では移動、移動の連続で体がきつかったのを覚えています。 しかし悪いことばかりではありません。 オフの日には、ホテルの裏の芝生で解説者の藤田俊哉さん(元日本代表)のお声掛けで、制作の方、中継技術の方々とフットサルやリフティングゲームをして楽しみました。 藤田さんと一緒にサッカーが出来た喜びと、久々に汗を流せて良いリフレッシュになりました。 元々、スポーツはサッカーしか知らなかった私ですが、色々なスポーツ競技の現場に行き、野球やゴルフなど様々な競技のルールも覚えられ、撮影をする上では、もっとこうやって画を撮った方が良かったか、この角度で音声を録った方がいい音が録れたのではなかったかなど、毎日が反省の繰り返しですが、自分で撮った映像が放送で使われたのを見た時には達成感、充実感が得られます。 撮影部は常に刺激や発見があり、2020年東京オリンピックでも、間違いなくさまざまな「現場」に携われる最適な場所です。
>第一撮影部 猪瀬 真弘

第一撮影部   

猪瀬 真弘

2008年入社

第二撮影部 宍戸 智昭

第二撮影部    

宍戸 智昭

2004年入社

心動かす何かを伝えられた時、スポーツカメラマンであることにやりがいを感じます。

2004年入社、第二撮影部 宍戸智昭です。 第二撮影部ではTBSテレビからの依頼を受けスポーツの様々な現場へ行き、
取材・撮影をしています。 野球やサッカーなど日々行われている国内スポーツだけではなく夏季・冬季のオリンピックや世界陸上などの海外取材に行くこともあり、私たちが撮影した映像はTBSの番組 「あさチャン」「Nスタ」「NEWS 23」「S☆1」のスポーツニュースとして放送され、時には、「情熱大陸」「バース・デイ」などのドキュメンタリー番組内でも使用されています。 映画やドラマと比べるとスポーツには台本も無ければ、撮り直しもできません。 どのようにこの競技やプレーを撮れば、視聴者にわかりやすいか。 どのようなアングルが綺麗に見えるか。 ひとつひとつのプレーを撮り逃しがないように、緊張感の中で瞬時に判断しながら素材を『物語にしていく』というのがENGカメラマンです。 プロとして一瞬を逃さず、最高の映像を提供し続けることは簡単なことではありません。緊張で手を震わせる時もありますし、夏の炎天下、雨が降ろうが風が吹こうが、指が動かなくなる程の寒さだろうがそこにスポーツがあれば、選手がいればレンズを向けます。 選手がその一瞬にかけたプレーや歴史に残る記録的な瞬間をカメラに収め、
たとえ、たった数秒のカットでもテレビを見た人が興奮し、涙する。 そんな心動かす何かを伝えられた時、スポーツカメラマンであることにやりがいを感じます。 そして、今日も視聴者に何かを伝えられるよう、またファインダーを覗きます。
制作部 熊倉 拓也

制作部    

制作部 熊倉 拓也

2006年入社

テレビ制作の醍醐味を味わう!

2006年に入社、制作部 熊倉拓也です。 東京フイルム・メートに入社する前は他の制作会社で働いていました。 3~4年経験を積んではいましたが、会社が変わった当初、やはり不安が大きかったことを覚えています。 そんな僕をこの会社は優しく、時に厳しく育ててくれたように感じています。 制作の仕事は、やることが多岐に渡っており、悪く言えば“雑用”のような業務もあるかもしれません。しかし、番組作りの全てに関わることができます。この面白さはテレビ制作の醍醐味だと思います。番組構成を考え、ロケや取材でカメラマンに自分の意図した映像を撮ってもらい、編集マンの知恵を借りながら編集していく。時にはテレビで見たことのあるアスリートや芸能人と打ち合わせをすることなど華やかな面もありますが、ほとんどは泥臭い仕事と言って良いかもしれません。だからこそ、ひとつの番組ができあがった時の喜びは何物にも代えがたいのです。
制作部 熊倉 拓也

制作部    

熊倉 拓也

2006年入社