プロ野球キャンプ 取材報告 

2021 03 03

スタッフブログ

2月初旬から21日のキャンプ打ち上げまでのおよそ3週間、
フジテレビニュース班、埼玉西武ライオンズの球団担当ディレクターとして
宮崎県日南市南郷町で行われた春季キャンプ取材に行って来ました。

平日の「Live News  α」週末の「S-PARK」のニュース露出はもちろんですが
今後の企画・特番も意識して取材を行いました。

野球キャンプでは毎日の練習メニューがそれほど大きく変わる事はありません。

朝の10時から夕方の4時過ぎまで、ウォーミングアップ⇒キャッチボール⇒守備練習
⇒投球練習/打撃練習⇒個別練習というある意味、単調な日々が続きます。

その中でどんな切り口や視点を持って取材すればニュースとファンや視聴者に届ける事が
出来るのか?フジテレビ本社と連絡を密にとりながら私も毎日を過ごしました。

実はメート入社からこれまでも野球キャンプ取材に行く機会はありましたが、
コロナ禍の今年は本当に大きな変化がありました。

無観客でのキャンプ、メディアもPCR検査を定期的に受診、
徹底した感染防止も敷かれたため選手との取材の距離も離れてしまったのは事実です。

これまでは練習の合間に選手へ声をかけたり、移動中に話を聞いたりすることが
出来たのですが、グラウンドレベルにも降りる事が許されずスタンドからのカメラ撮影、
インタビューも対面ではなくオンライン対応という厳しい制限がある中での取材となりました。

そんな中、キャンプ期間中に源田選手が誕生日を迎えるということで、仲良しの先輩・金子選手に
持って行ってもらうサプライズを仕掛けました。

ケーキの受け取りやカメラを回すのも球団広報にお願いする中での仕掛けでしたが、
無事成功し本人にも喜んでもらうことができ、その模様をニュースα内で放送することができました。

制限がある中での取材でしたが、普段とは違う形でもどのようにしたら視聴者を
引き付けられるようなニュースを届けることができるのか日々試行錯誤を重ねた
キャンプ取材となりました。
今回の経験を今後に活かして行きたいと思います。

制作部 浦 辰之介

メート君が行く!

バナー

スタッフブログ

バナー